タワーマンションへのポスティングTOP > ワイガヤblog ワイワイガヤガヤ > タワーマンションへのチラシ配布 > 集客に差がつく! ヘアサロンのチラシ作りのポイントとは?

2019-09-17

集客に差がつく! ヘアサロンのチラシ作りのポイントとは?

集客に差がつく! ヘアサロンのチラシ作りのポイントとは?

ヘアサロンのチラシを作る際は、より多くのお客様に足を運んでもらえるような工夫をすることが大切です。そこで今回は、集客力のあるヘアサロンのチラシを作るために押さえておきたいポイントをご紹介します。

ヘアサロンのチラシを作るときのポイントは?

ヘアサロンのチラシは、お店の雰囲気を伝えられるような色・デザインを考えることが大切なのはもちろんですが、以下のような工夫で集客効果をさらにアップさせることができます。

ヘアサロンの雰囲気や売りをアピールする

ヘアサロンを探している人の多くが、ヘアサロンの雰囲気を来店動機にする傾向があります。ヘアサロンの中がどのような雰囲気なのかを伝えるため、チラシに内装の写真を載せるのもおすすめです。
また、「キッズスペースがある」「ドリンクのサービスがある」などといったヘアサロンの売りがある場合は、チラシでしっかりとアピールし、集客につなげましょう。特にキッズスペースがある場合は、写真を載せておくと親御さんが安心して利用できますよ。

情報を分かりやすく書く

お客様がチラシに求める要素には、「料金・施術メニュー」「店舗の場所」「電話番号」といったものがあります。
読む人が分かりやすいように、必要な情報をすっきりとまとめましょう。店舗の地図は簡略化しすぎず、分かりやすさを重視したほうが集客につながりやすくなります。

クーポンをつける

クーポンがついているチラシは受け取った人がお得に感じやすく、集客効果が高いといわれています。また、チラシを受け取ったあとすぐに行けなかったとしても、「クーポンがあるから」ということで保管してもらいやすくなります。さらに返ってきたクーポンによってチラシの反応を分析し、次のチラシ作りにも活かすことができるでしょう。

ヘアサロンのチラシ作りの注意点とは?

ヘアサロンのチラシを作成するにあたって、気をつけたいポイントが3つあります。以下の点に注意してチラシ作りをおこないましょう。

安っぽい雰囲気にしない

ヘアサロンのチラシは、店舗がどのようなところかを伝えるための入り口ともいえるもの。たとえおしゃれなヘアサロンであっても、チラシの色やデザインなどが安っぽい雰囲気だと「行きたい!」とは思えないものです。ヘアサロンの印象を良くするためにも、チラシ作りの際は店舗に合った雰囲気に仕上げることを心掛けましょう。

内容が分かりにくいチラシはNG

施術料金や店舗の場所などの必要な情報が書いていない、あるいは書いていても分かりにくいとなると、集客につながりません。チラシを作る際は、途中でお客様の目線に立って「必要な情報が書いてあるか?」「分かりにくくないか?」といったことをチェックすることが大切です。

“ターゲット層に響きにくいデザイン”を避ける

例えば若い人向けのヘアサロンなのに、使用している写真のモデルがミセスばかりでは、本来のターゲットである若い人たちには響きません。ターゲットとなる顧客の年齢層は、ヘアサロンによって異なるもの。チラシ作りの際には、ターゲットの人たちが魅力的に感じられるようなデザインを考えるようにしましょう。
また、チラシの色合いも重要です。「高級感」を売りにしているのに、チラシに使うカラーが原色を使ったものだったり、大人の女性をターゲットにしているのに、ピンクを基調にした“ふわふわ”した色合いだったりすると、理想通りの集客にはつながりません。お店のイメージカラーやターゲット層が好みそうな色を意識して、デザインしていきましょう。

魅力的なチラシを作り、ヘアサロンへの集客効果を高めよう!

ヘアサロンのチラシを配布して集客効果を高めるには、お客様のニーズに合った魅力的なチラシを作ることが大切です。新規のお客様を獲得するのはもちろん、既存のお客様にも再来店してもらえるようなチラシを作ってみましょう。

作成したチラシを、通常のポスティングでは配布が出来ないような高級・タワーマンションに「クレーム無し」で配布したい場合には、弊社の「タワーマンション チラシお届けサービス」にお任せください。

https://waigaya.jp/service.html