タワーマンションへのポスティングTOP > ワイガヤblog ワイワイガヤガヤ > タワーマンションへのチラシ配布 > 用紙の種類選びも重要! ポスティングチラシにおける紙の選び方

2019-02-22

用紙の種類選びも重要! ポスティングチラシにおける紙の選び方

用紙の種類選びも重要! ポスティングチラシにおける紙の選び方

ポスティング用のチラシは、広告のデザインはもちろん、どんな紙を選ぶかも重要なポイントです。
そこで今回の記事では、ポスティングに適した紙の種類や特徴などを解説します。
さらに、ポスティングチラシの紙選びのポイントについても知っておきましょう。

 

ポスティングに適した紙の種類&特徴とは?

ポスティングによく使用される紙には、大きく分けて次の3つがあります。

・コート紙
表面がつるつるしていて光沢のあるコート紙は、インクの発色が鮮やかなことが特徴です。
文字の多いチラシはもちろん、イラストや写真が多く使用されたチラシに使用すると、デザインの美しさをより引き立てることができます。

・マット紙
つや消し加工がしてあるマット紙は、光を反射しにくいという性質があります。
印刷の色味が渋く出やすいので、落ち着いた雰囲気に仕上げたいときに適しています。
また、表面の反射を抑えてあることから、文字が多いチラシに使用すると見やすくなります。

・普通紙(上質紙)
表面加工をしておらずざらついた質感の普通紙は、鉛筆での筆記が可能な紙です。
そのためアンケート用紙や名簿など、書き込みを行うことが前提としたにチラシに使用されています。

 

ポスティングのチラシ用紙選びのポイントは?

ポスティングのチラシ用紙は、チラシのデザインや光沢感、加筆性(書き込みやすさ)などを考えて選ぶことが大切です。
例えば、写真やイラストなどを目立たせたいチラシの場合は光沢紙を、落ち着いたデザインやナチュラルな雰囲気に仕上げたいチラシならマット紙、といったように、チラシで伝えたい内容や雰囲気に合わせて紙を選びましょう。

また、ポスティングチラシ用紙は、“紙の厚み”も重要です。
チラシ用紙の中でも、ポスティングに使用されるのは70kgが多く、光沢紙の場合は73kgが一般的です。
70kgというとおよそ0.08~0.10mmほどであり、コピー用紙と同じぐらいの厚さであることから「束にしたときに厚みが出にくい」「軽くて運搬がしやすい」というメリットがあります。
そのため一度で大量に配布をするポスティングや、新聞の折り込みチラシなどにも使用されています。

さらに、70kgと比べると少し厚みのある90kgの用紙は、イベントのチラシなどに良く利用される紙です。
また、宅配便のメニューなど「一定期間手元に置いてほしいチラシ」の場合は、厚みがあり丈夫な110kgの紙が向いているでしょう。

 

ポスティングチラシ用紙は、用途やデザインに合わせたものを選ぼう

ポスティングチラシはデザインや内容が見やすいのはもちろん、どんな紙を使用するのかも大切。
紙の選び方によってはチラシの印象がガラリと変わりますよ。
また、チラシを作成する際は数種類の紙でテストプリントを行って、チラシの見え方や厚みなどをチェックしてから配布するようにしましょう。

 

作成したチラシを、通常のポスティングでは配布が出来ないような高級・タワーマンションに「クレーム無し」で配布したい場合には、弊社の「タワーマンション チラシお届けサービス」にお任せください。

https://waigaya.jp/service.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポスティングNGマンション
タワーマンション
にチラシを配布したいなら

宛名付きダイレクトメールによる独自の手法で東京・神奈川・大阪 約300棟・60,000戸以上のタワーマンション居住者にチラシ・パンフレット・カタログなどが配布できるサービスです。

一部あたり13円〜

 ≪ 配布マンション例 ≫
六本木ヒルズレジデンス
芝浦アイランド
THE TOKYO TOWERS
パークシティ武蔵小杉etc.