タワーマンションへのポスティングTOP > ワイガヤblog ワイワイガヤガヤ > タワーマンションへのチラシ配布 > どんな方法を選ぶのが効果的? ポスティングの配布方法の種類や特徴

2020-05-25

どんな方法を選ぶのが効果的? ポスティングの配布方法の種類や特徴

せっかくポスティングをしても、その方法が適切でなければ反響は得られにくいものです。ポスティングをするときには、ニーズやターゲットに合わせて最適な方法を選ぶことが大切といえます。
ポスティングをするにあたっては、どんな場所にどんな消費者が住んでおり、誰がターゲットになるのかを十分に理解しておきましょう。この記事では、ポスティングの種類や、最適な配布方法の選び方をご紹介します。

ポスティングの主な配布方法をチェックしよう

1. 全戸配布(軒並配布)

エリア内のすべての住宅を対象にポスティングすることを、全戸配布または軒並配布と呼びます。
全戸配布は、商品の価値を広く知らせたいときや不特定多数に宣伝したいときに最適な方法です。エリア内にターゲット層が多いほど、反響も高くなります。ただし、エリア内には商材に興味をもたない方もいるため、ポスティングのコストパフォーマンスが低くなる可能性も考えられます。

2. 分譲限定配布・戸建て限定配布

分譲限定配布とは、同じような形をした分譲住宅の多いエリアに配布することです。また、マンションやアパートを除く戸建てに限定して配布するという方法もあります。
分譲住宅や戸建住宅には高所得層やファミリーが多く住んでいます。レジャー施設や自動車関連、リフォームや学習塾、福祉施設などのチラシをポスティングしたいときには、分譲限定配布や戸建て限定配布をしてみましょう。

3. 集合限定配布・賃貸限定配布

マンションやアパート、賃貸物件に限定してポスティングをするのも効果的な方法といえます。
集合住宅の住人は、1人暮らしやカップル、ファミリーなどさまざま。若い層が多いので、エステやファッションなど若者向けの商材をアピールしたいときに最適です。また、持ち家の購入を考えている方向けの不動産広告を配るのも効果的です。
集合住宅の場合、集合ポストよりもドアポストへの配布のほうが目を通してもらえる可能性は高くなります。

配布員のポスティング方法にも種類がある

ポスティング範囲が狭ければ自分で配ったり自社の人員が配布したりすることができますが、配布範囲が広い場合にはアルバイトなどの配布員に外注する必要があります。
配布員に外注するポスティング方法は大きく分けて、在宅配布と移動配布、キャラバン配布の3種類です。
在宅配布とは、配布員の自宅にポスティング用のチラシを送付する方法、移動配布とは配布員に来社してもらい、チラシを渡して現場に送り出す方法です。配布の状況を細かく把握したいときには、自社の人員が現場に同行するキャラバン配布という方法を選択するとよいでしょう。

ポスティングの方法にはいくつかの種類があり、配布方法によって効果も変わってきます。これまでポスティングで思ったほどの効果が上げられなかったのなら、配布方法を変えてみるのも有効な方法といえるでしょう。
もっとポスティング効果を高めたい方は、ポスティングの専門業者に効率的な配布方法を相談するのもおすすめです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポスティングNGマンション
タワーマンション
にチラシを配布したいなら

宛名付きダイレクトメールによる独自の手法で東京・神奈川・大阪 約300棟・60,000戸以上のタワーマンション居住者にチラシ・パンフレット・カタログなどが配布できるサービスです。

一部あたり13円〜

 ≪ 配布マンション例 ≫
六本木ヒルズレジデンス
芝浦アイランド
THE TOKYO TOWERS
パークシティ武蔵小杉etc.